Reajob

【英単語を理解する】I appreciate ~ は必ずしも「感謝する」ではない

World Library English

I appreciate ~ という表現に触れるとき、これまでいつも感謝の意味で使われていたと思う。

だけど↓こんな風に言っているのを聞いたことがある。

I appreciate that you’re busy, but it’s important for us to discuss this matter as soon as possible.

  • discuss:~について話し合う
  • as soon as possible:できるだけ早く

こんな文に出くわしたときにどんな解釈が正しいのか?

クミ
クミ

「あなたが忙しいことに感謝しますが、この問題についてできるだけ早く話し合うことが私たちにとって大事です」かな?

ケン
ケン

なんで感謝するの?

今回は appreciate という単語について、もう少し理解を深めてみる。

Amazon

~に感謝する

まず基本中の基本。

「感謝する」という意味で appreciate 使うことを押さえておく。

Thank you より丁寧に聞こえる I appreciate の表現だけど、使い方において注意が必要。

Thank you は感謝の対象が「人」であるのに対し appreciate は「物事」が感謝の対象になる。

We’d appreciate your immediate attention to this matter.
この件に迅速にご対応いただけると幸いです。

  • immediate attention:早急な対応
  • matter:問題

↑の分だと感謝する対象は your immediate action で、相手自身ではなく相手がしてくれた早急な対応に感謝している言っている。

↓のような表現なんかも見ることがある。

I’d appreciate it if you’d notify me of the date and time.
日時をお知らせいただけますと幸いです。

  • notify A of B:AにBを知らせる

いずれも相手に対応をお願いしている表現だが「対応いただければ(その対応に)感謝します」という意味で appreciate が使われている。

クミ
クミ

ビジネスメールでよく使われる表現だね

~を正しく理解する

ここからが本題。

冒頭の例文はこう考える。

I appreciate that you’re busy, but it’s important for us to discuss this matter as soon as possible.

(あなたが)お忙しいのはよくわかりますが、この問題についてできるだけ早く話し合うことが私たちにとっては大事なのです。

  • discuss:~について話し合う
  • as soon as possible:できるだけ早く

ここで appreciate は「感謝」の意味では使われていない。

「よくわかります」と訳した。

ここが今回のポイント。

実は appreciate には「感謝する」だけではなく「(状況や問題を)正しく理解・認識する」という意味がある。

例えば「困難な状況に理解を示す」「部下の頑張りをわかってあげる」「親の気持ちが今になってわかる」など真意に触れる感覚。

↓こんな感じで使える。

I’m sure you appreciate that customs clearance takes time.
通関手続きに時間がかかることはご理解いただけるかと思います。

  • customs clearance:通関手続き

I appreciate how hard she works.
彼女がどんなに頑張っているか私はわかっています。

You appreciate your parents after you’ve had your children.
子供を持つと親の気持ちがわかるよ。

ケン
ケン

事情や気持ちを汲み取って理解してあげるみたいなイメージかな

共通するニュアンス

一見別の意味に思えるが、実は共通のニュアンスがあることに気付く。

appreciate の「感謝する」は、相手の好意や配慮を「深く理解する」と考えることができる。

「私のためにあなたがしてくれたことをよくわかっている」=「あなたがしてくれたことに感謝する」と解釈すると自然かもしれない。

だから感謝の対象が人ではなく、物事=人による行いになるとも考えられる。

appreciate には「本当のことがわかる」「汲み取る」といったようなイメージがありそうだ。

ほかの使い方も調べてみる。

~のよさを認める

辞書を引くと appreciate には「~のよさを認める」という意味もある。

He appreciates you as a business person.
彼はひとりのビジネスパーソンとしてのあなたの真価を認めていますよ。

↑これも「本当のことがわかる」「汲み取る」で解釈できそう。

見ていないようでちゃんと見ているとか、人が気付かないような価値に気が付いているとかそういった感じ。

ケン
ケン

appreciate you って言っている。

appreciate の対象は物事じゃないの?

クミ
クミ

この場合は「あなた」自身のことを「よくわかっている」と言っているから問題ないんだね

↓こんな使い方もできる。

In this course, you can learn how to appreciate wine more.
このコースではもっとワインを楽しむ方法を学ぶ事ができます。

You can’t appreciate American jokes in Japanese translation.
日本語訳だとアメリカンジョークのおもしろみはわからないよ。

「本当のことがわかる」=「真の価値がわかる」というニュアンス。

芸術やグルメ、エンターテイメントに精通しているという意味にもなり「芸術を鑑賞する」「食べ物を味わう・楽しむ」といった表現にも使うこともできる。

ケン
ケン

わかる人にだけわかるものってあるよね

価値を上げる

「価値を上げる」という意味もある。

The euro has appreciated against the yen.
円に対してユーロが値上がりしました。

The price of the land appreciated by 30% in five years.
その土地の価格は5年で30%上昇しました。

「価値を上げる」には何か理由がある。

その理由が「本当にわかる」から「価値が上がる」というわけか。

クミ
クミ

ちょっと無理やり臭くない

紹介した appreciate の意味は「感謝する」「理解する」「よさがわかる」「価値を上げる」の4つでした。

この真意を理解すれば、本当の「よさがわかる」こともあります。

例えば芸術やグルメなど、他の誰かが知らないかもしれない本当の価値をわかっている人は、違いを楽しめたり、正当な評価ができるわけです。

ここで考えてみましょう。

いずれの意味を見ても何かを「汲み取る」ようなニュアンスが見えてこないでしょうか?

目の前の情報だけではわからないような真の価値、真の意味を「汲み取る」のが appreciate という単語だとすれば「感謝する」の意味も、相手の好意を「汲み取る」ものとして考えることができます。

クミ
クミ

だから appreciate の感謝する対象は「人」ではなく「物事」なんだね

タイトルとURLをコピーしました